皮膚の若々しさを生み出す新陳代謝、とどのつまり皮膚を生まれ変わらせることができるタイミングというのは案外限られており、夜間に寝る時しかないのです。
無意識の内にモニターに集中してしまって、眉間にはしわ、さらに口角を下げたへの字(余談ですが私はこの形を「富士山口」と勝手に名付けています)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。
現代を生きている私達は、毎日体内に溜まっていく悪い毒素を、バラエティ豊かなデトックス法を使って体外へ追い出し、ワラにもすがる想いで健康体を手中に収めようと皆必死だ。
ことに夜10時~2時までの240分の間は肌のゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりがより一層促される時間帯です。この時にベッドに入ることが一番良いお肌の手入れ方法だと思います。
運動や入浴で汗をかいて体のなかの水分量が減ってくると尿が減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分が溜められるために、この余剰な水分が使用されずにあのむくみの原因になっていることは、あまり知られていません。
足などの下半身は心臓から離れているため、重力の影響でリンパ液が悪化することが一般的である。というよりも、下半身の浮腫はリンパ液が少しだけ滞留していますよという体からのサイン程度に受け取ったほうがよい。
さらにもうひとつ、肌のたるみに深く関係しているのが表情筋。これは色んな表情を作り出す顔に張り巡らされている筋肉のことです。真皮に含まれているコラーゲンと同様、この表情筋の力も加齢に従い低下してしまいます。
老けて見える顔のたるみは不要な老廃物や余分な脂肪が滞留することにより悪化します。リンパ液の流動が鈍化すると老廃物が蓄積し、浮腫みが生じたり、余った脂肪が付きやすくなり、たるみに繋がります。
浮腫みの原因は人それぞれですが、気温など季節の関連性も少なからずあることをご存知ですか。30℃を超えるような暑さになって大量の水を飲み、汗をかく、夏にむくむ因子が隠れています。
その時にほとんどの皮膚科医が活用するのが、ビタミンC誘導体。外用抗菌薬と併用すればおよそ半年でほぼ完治に持っていけるケースが多いようだ。
美白(ホワイトニング)という美容法は95年から99年頃にかけて美容研究家の鈴木その子が火付け役となって流行ったのは記憶に新しいが、90年代前半にはメラニン色素によるしみ対策のことばとして使用されていたようだ。
肌細胞の分裂を活発化させて、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは太陽が出ている時間の活動している際には出なくて、日が暮れてからゆったりと体を休め安らかな状態で分泌されると考えられています。
辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因として、1.腸内・表皮・肺・口腔内などの細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的因子、3.栄養面での因子、4.生活環境、5.1~4以外の要素の見方などが主に挙げられる。
全般的には慢性へと移るが、最適な加療により病が管理された状態に保たれれば、自然に治ることも予期される病気なのだ。
紫外線によって作られたシミをどうにかして薄くしようとするよりも、シミができてしまわないように防護したり、お肌の奥で出番を待っている表に出てきていないシミを遮断することの方が肝要って知っている人はまだ多くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です